三重県保護司会連合会尾鷲保護区保護司会

トップページ > 三重県保護司会連合会 > 尾鷲保護区保護司会

昭和24年7月に三重県下の北牟婁保護区として発足。平成11年4月1日施行の保護司法改正に基づき臨時総会を2月に開催し、名称は「尾鷲保護区保護司会」とし、事務所を尾鷲市役所に置く。下部組織として尾鷲、紀伊長島、海山支部(平成19年8月より紀伊長島町・海山町の合併により紀北支部に変更)を設け事業運営を行っている。

尾鷲保護区保護司会 平成27年度事業の重点目標
(1)保護観察所が行う地域別定例研修等に参加し、保護観察の効果的な研鑽を行う。(統一テーマ年4回、自主テーマ年2回)
(2)保護区管内の自治体(尾鷲市・紀北町)及び関係機関、団体との強化を図る。
(3)教育機関(教育委員会・学校)との連携を図る。
(4)尾鷲紀北更生保護女性会の育成と連携を図り、地域の犯罪予防活動に寄与する。
(5)保護司会の専門部会を充実して保護司活動の充実を図る。

尾鷲保護区保護司会の活動内容

尾鷲保護区保護司会の2017年4月~2018年3月 行事予定

 

時期 行事名 詳細内容
7月 社会を明るくする運動 毎年、「社会を明るくする運動」強化月間である7月に尾鷲市・紀北町保護司会・警察・保健所・海上保安庁等の関係団体・機関が合同で街頭啓発活動を行います。
8月 港まつり特別合同補導 少年センターからの依頼で、8月の第1土曜日に尾鷲市で開催される花火大会に青少年の非行防止を目的とし、他団体等と一緒に巡回活動をします。
10月 研修活動 4年前から実施している多気郡保護司会との合同研修を行います。
11月  三重県更生保護事業関係者顕彰式典 顕彰式典での受彰者とともに更生保護女性会も一緒に参加します。また、連携活動として学校訪問も今年は、県立尾鷲高等学校で行います。
12月 歳末夜間特別補導 少年センターからの依頼により、年末の青少年の非行防止を目的とし、他団体と巡回活動します。
2018年2月  研修活動 他保護区との研修として、熊野保護区保護司会と毎年合同研修をしています。
5月 保護区交流会 更生保護女性会、OB、行政関係等との交流懇談会を保護区の定期総会終了後、実施しています。