三重県保護司会連合会亀山保護司会

トップページ > 三重県保護司会連合会 > 亀山保護司会

亀山市は、三重県の北中部に位置し、市内の北西部には鈴鹿山脈が、南西部には布引山脈が連なっています。江戸時代には伊勢亀山藩の城下町として、東海道の鈴鹿峠越えを控えた亀山・関宿の宿場町として栄えました。地場産業として、ローソクの生産が大きなシェアを持っていますが、近年ハイテク企業の誘致により液晶パネルを使った生産も行われています。 人口は、5万人ほどで、静かな町です。 亀山保護司会は、山田孝玄会長の元、静かで落ち着いた環境を生かした活動を続けています。

亀山保護司会には現在、保護司18名が在籍して活動しています。
本年度の重点目標は、次の通りです。
①更生保護サポートセンターの充実
 保護司の行う処遇活動への支援、地域関係団体(更生保護女性会・協力雇用主会)と連携した支援など、地域における更生保護の拠点として、更生保護活動の充実強化を図る。
②「社会を明るくする運動」の推進
 「社会を明るくする運動」を積極的に浸透させる。そのために、事
業の企画・立案等については、理事会が中心となり、事業実施等
 保護司会全体で取り組む。また、本年度も小・中学生を対象に広く作文募集を実施し、その保護者、その周辺の人に意識付けを図る。
③ 協力雇用主の開拓及び連携
 再犯防止のための社会復帰に向けて「協力雇用主」および「賛助会員」の拡充を図る。また、就労支援部会において協力雇用主との連携を図るとともに、更生保護の理解者を広める。
④再犯防止推進計画
 再犯防止施策は、就労、住居、保健医療、福祉等たきにわたっており、総合的に推進する必要があります。そのことから「亀山市地域福祉計画」「再犯防止推進計画」と一体的に施策を推進します。

亀山保護司会の2021年4月~2022年3月 行事予定

 

時期 行事名 詳細内容
7月1日~ 社会を明るくする運動(薬物乱用防止運動を兼ねる)
亀山市社明推進委員会(書面決議にて実施)
社明ポスター貼付・懸垂幕設置6月下旬
社明街頭啓発活動 7月1日(中止)
7月~ “社会を明るくする運動”小中学生作文募集
亀山市内小・中学校へ作文依頼 6月下旬
提出日 9月初旬、審査会 9月中旬
表彰式12月
7月~
“薬物乱用防止”中学生ポスター募集
 
鈴鹿市・亀山保護司会合同研修会(未定)
亀山市内小・中学校へポスター依頼 6月下旬
提出日 9月初旬
8月 小中学校との懇談会  
9月 更生保護女性会との合同研修(未定) 9月初旬
10~12月
民生委員等他団体との交流会
社会を明るくする運動作文表彰式
 
1月 薬物乱用防止ポスター展  
4月 けし撲滅運動(採取)  
5月 総会  
年間 自主研修会 毎月第1火曜日に開催