三重県保護司会連合会員弁地区保護司会

トップページ > 三重県保護司会連合会 > 員弁地区保護司会

昭和27年12月、員弁郡保護司会が結成され、その後、桑名保護区内の員弁地区保護司会として運営されてきたが、昭和53年4月より員弁保護区が独立、員弁地区保護司会として活動してきた。現在、いなべ市・東員町の保護司で構成され、定員数は29名。

員弁地区保護司会は、いなべ市22名、東員町7名の計29名の保護司で活動しています。
「社会を明るくする運動」強調月間の7月には、行政、警察、更生保護女性会、生活安全協会、青少年育成会、民生委員協議会等の協力を得て、決起集会を開催し、当該運動の啓発活動を進めるため、金融機関等へのポスター掲示ほか、街頭啓発活動等を実施しています。
また、会員の見聞を広めるため、更生保護施設・刑務所・少年院等の視察研修を実施し、会員の資質の向上に努めています。

員弁地区保護司会の2021年4月~2022年3月 行事予定

 

時期 行事名 詳細内容
4月~6月 理事会、社明運動推進委員会、総会、情報教育講演会

理事会-活動計画策定、社明推進委員会-社明運動活動の策定、総会(書面議決)、講師を招いてスマホ取り扱いについての講演

7月~9月 協力雇用主との懇親会、第2期定例研修会、社明作文選考会 協力雇用主と担当保護司との会談(サポートセンター)、観察官による講習、中学校に依頼した社明応募作文の選考(サポートセンター)
10月~12月 視察研修、中学校訪問、第3期定例研修会 矯正施設,更生保護施設の視察研修(未定)、各校区の保護司が中学校で先生方と会談、観察官による講習
1月~3月 理事会、自主研修会 理事会-次期活動計画策定、自主研修会-講師を招いて保護司活動に関わる講習会(未定)
通年 各地区処遇会議、更生保護女性会との連携 校区別保護司による会議、更生保護女性会との社明運動における連携、女性会行事への参加